(株)北栄建設 ハイブリット融雪剤
  株式会社北栄建設のホームページ 低コストな耐震金具の開発・販売
   HOME ハイブリット融雪剤モデル事業の成果・課題および今後の展望C-1 P20
目次 > P1 > P2 > P3 > P4 > P5 > P6 > P7 > P8 > P9 > P10 > P11 > P12 > P13 > P14
 > P15 > P16 > P17 > P18 > P19 > P20 > P21 > P22 > P23 > P24 > P25 > P26
   前のページへ  次のページへ
     
   
 午前 836(散布90分後)    午前 839(散布90分後)

(塩化カルシウム区間は凍結部分が残っているが、塩化カルシウム+木炭の
方は凍結はしていない=シャーベット状態となっている。)

     
   
 (凍結している路面:スリップしやすい)   (凍結していない路面:雪が残っているが
凍結することは無い)
 
上記写真のように木炭を混合したほうが、日照の前に散布したほうが融雪の進行が早いことが分かった。最終の分析結果は現在処理中であるが、前年度との事故件数を比較した結果、危険箇所での事故件数が減少しており、全体の事故件数も減少していた。一概に本製品の成果とは言いがたいが、事故件数の減少に貢献できたのではないかと考えられる。
 
 
HOME  |  会社概要 |  お問合せ・資料請求  |